ケアプロストの使い方

ケアプロスト通販|激安で正規品を買うには

ケアプロストの使い方や塗り方、注意点をまとめました。ケアプロストは医薬品です。市販のまつげ美容液とは異なり効果も高い分、使い方を守らないと目のトラブルを引き起こします。

とは言っても、使い方はそれほど難しくありませんので、ポイントだけおさえておきましょう。

ケアプロストの使い方

Step1:ケアプロストを塗る前の下準備

メイクは落とし、洗顔をすませ、顔を清潔な状態にしておきます。スキンケアをしたら準備完了です。
コンタクトは必ず外しておきましょう。

Step2:アプリケーターを袋から取り出します

アプリケーター

アプリケーター(刷毛)は袋に個装されているので、袋から1本取り出します。清潔さを保つために使う直前で開封しましょう。

Step3:アプリケーターにケアプロストを滴下

アプリケーター

アプリケーターの先端部分にケアプロストを1滴たらします。片目で1滴が目安です。ケアプロストの容器がアプリケーターに触れないように注意しましょう。ケアプロストに雑菌が着くのを防ぐためです。

Step4:アプリケーターでまつ毛の根元をなぞる

ケアプロスト使い方

まつ毛の根元の毛の生えている部分にケアプロストを塗ります。
少量をなぞる程度さっと塗るだけでOKです。内側から外側に向けて慎重に沿わせましょう。
まぶたを少し持ち上げるようにして塗ると、目の際に塗りやすくなります。

これを両目分やります。ひと塗りするだけなので両目合わせて3分程度です。
基本的な使い方は以上です。簡単ですが、安全に使用するために注意点がありますので見ていきましょう。

目の内側にケアプロストを塗らないように注意!

目の内側の粘膜部分や眼球にアプリケーターが触れないように注意しましょう。目の違和感や充血を引き起こす可能性があります。

ケアプロストは下まつ毛には塗らない

ケアプロスト使い方

ケアプロストは上まつ毛だけに塗ればOKです。瞬きなどで下まつ毛にも着くので、あえて下まつ毛に塗る必要はありません。

下まつ毛に塗ると、下まぶたにクマのような色素沈着を起こす場合もあります。販売サイトでも、下まつ毛への使用は禁止されています。

ケアプロストは片目1滴ずつでOK!

液を付けすぎると、目に入ったり、まつ毛の生え際以外の余計な部分に着いてしまうことがあります。

目に入ると目の痒みや違和感、充血などを引き起こします。

まつ毛の生え際以外の部分に液がついてしまうと、不要な毛が生えてきたり、色素沈着をおこしたりします。色素沈着とは皮膚が茶色っぽくなる色が着いて取れなくなってしまうことです。

まつ毛ではなく、塗るのは根本!

ケアプロスト使い方

ケアプロストはまつ毛に塗っても効果はありません。まつ毛の生えてくる根本に塗りましょう。

ケアプロストの成分であるビマトプロストは、毛包に存在するプロスタミドαF2受容体という器官を活性化し、まつ毛の成長を促進させます。ですので、毛根に薬剤を塗らないと効果が得られないのです。
まつ毛美容液とは違う点ですので注意しましょう。

アプリケーターは使い捨てしよう

アプリケーター

アプリケーターは片目に1本ずつの使い捨てが推奨されています。清潔さを保つためです。

使いまわそうとしても、液がかたまってしまい2度目は使用できません。洗って使うのも面倒ですし、雑菌の繁殖を考えると使い捨てが安全です。ネットで2袋同時購入すれば1本10円以下なので、それほど負担にはなりません。

>>ケアプロスト初心者向け【ケアプロ+アプリケーター2袋セット・送料無料】

綿棒だとうまく塗れません

アプリケーター

塗るときは綿棒でもOKというような口コミもありますが、実際は上手に塗れません。綿棒ですと、ケアプロストが染み込みすぎてしまい、まつ毛に十分塗布できないのでもったいないです。また、生え際の細かい部分に塗りにくいです。

ケアプロストを塗るには、アプリケータのような細い筆タイプがおすすめです。市販のアートブラシなどでも良いので、自分で塗りやすいものを使ってください。ただし、使い捨てにするか、使用後はアルコールなどで消毒するようにしましょう。

ケアプロストを塗った後15分は触らない

すぐに目を触ったりこすったり、強く瞬きすると、目の中に入ったりすることがありますので、塗った後15分くらいはそっとしておきましょう。

ケアプロストは寝る前1日1回でOK

使うタイミングは寝る前が良いでしょう。入浴後の清潔な状態で使用できますし、触れてしまうことも少なくなります。

使う頻度は1日1回で十分効果が得られます。早くまつ毛を伸ばしたいがために1日何度も塗るよりは、1日1回毎日忘れず塗る方が効果的です。販売サイトでも1日1回と定められいています。

ケアプロストは3ヶ月以上使い続けよう

ケアプロストの効果の出方は人それぞれです。使用者の口コミによると、1週間で伸びた!という人もいれば、3ヶ月ほど使って初めて効果を感じられた方もいらっしゃいます。

国内での臨床試験では使用1ヶ月後に効果が現れた人は29.5%、2ヶ月後では48.9%、4ヶ月後では77.3%となります。約8割の人は使い続けることで睫毛が伸びるという結果が出ていますね。

使ってすぐに睫毛が伸びないとあきらめず、3ヶ月以上は使い続けることで効果が現れる可能性が高いです。

ケアプロストがもし目に入ってしまったら

うっかり目に入ってしまっても慌てなくてOKです。ケアプロストは元々緑内障の患者さんの点眼薬として使用されていたので、少し目に入っても問題ありません。

ただ、目のかゆみや充血、ゴロゴロ感が現れることがありますので、すぐに目を洗いましょう
そのまま点眼するのは絶対やめましょう。

睫毛の根本以外の皮膚についてしまったら

ケアプロストは放っておくと色素沈着を起こす可能性があります。国内の試験では11.1%に皮膚色素過剰がみられました。

すぐにティッシュでふき取るか、洗い流せば問題ありません。

コンタクトの装着は15分たってから

コンタクトを付ける場合は、15分以上経過してからつけるようにしましょう。また、他の点眼薬を併用する時は、5分以上間隔を開けて点眼しましょう。

注意点は以上になります。ケアプロストを正しく使ってまつ毛をのばしましょう!

▲動画でも確認できます

>>ケアプロスト初心者セット【アプリケーター2袋付・送料無料】