ケアプロストの副作用|失明や視力低下などの報告は?

ケアプロストを使う上で心配なのが副作用ですよね。
ケアプロストはコスメではなく医薬品ですので、副作用の可能性もあることを事前に確認し、正しい使用方法を守らなければいけません。

ケアプロストの主な副作用をまとめました。

色素沈着

色素沈着

ケアプロストの成分によりメラニンが増加し、目の周りが黒ずむ場合があります。
「眼瞼色素沈着(がんけんしきそちんちゃく)」とも言います。
色素沈着の予防に関してはこちらで詳しく解説しています。

目の充血

目の充血

ケアプロストには血管拡張作用があり、目に入ると白目の表面の血管が太くなり、赤く充血する場合があります。
目の充血に関してはこちらで詳しく解説しています。

まぶたのかゆみ、目のかゆみ、目がしみる、目の痛み

ケアプロストにより塗布した部分が痒くなったり、目に入った場合に目にしみたり痒くなったりする副作用があります。

目の周りに産毛が生える・濃くなる

目の周りに産毛

まつ毛への育毛効果だけでなく、目の周りの産毛が濃くなったり、もともと毛のない部分に産毛が生えてくるなどの症状があります。

眼圧の低下

ケアプロストなどのはプロスタグランディン系の薬は眼圧を下げる作用が非常に強く、元々は緑内障の治療で使用されている点眼薬です。

虹彩色素過剰(こうさいしきそかじょう)

虹彩色素過剰

メラニンの増加により黒目(虹彩)の色が濃くなる症状です。
ケアプロストを中止しても元にもどらないことがあります。
また、片目のみ使用している場合には、左右の黒目の色に差が出てくる場合もあります。

眼瞼溝深化(がんけんこうしんか)

眼瞼溝深化

まぶたがくぼむ症状です。
この副作用は日本人を対象とした臨床試験では報告されていません。

ケアプロストの副作用が出たら

  • 目の充血、まぶたのかゆみ、目のかゆみ、目がしみる、目の痛み、眼圧の低下などは数分〜数時間で収まります。
  • 色素沈着が気になる場合はすぐに使用を中止し、しばらくお休みすれば自然に消える場合が多いです。色素沈着が収まらない場合は皮膚科を受診しましょう。
  • 目の周りの多毛は使用を中止すれば元に戻るでしょう。
  • 虹彩色素過剰の症状が現れた場合はすぐに使用を中止し、眼科を受診しましょう。

ケアプロストの副作用として失明や視力低下がうわさされたこともありますが、正しく使用していればそのような副作用はありません。

ケアプロスト(ビマトプロスト)は、安全基準の厳しいアメリカの食品医薬品局(FDA)の認可を取得している医薬品です。臨床試験によって、安全規準を満たしています。

元々緑内障の治療に使用されていた点眼薬です。

緑内障とは、眼圧が高くなることによって、視神経に障害が起こり、視野が狭くなったり、部分的に見えなくなったりする病気です。
治療薬なので、目に入っても失明したりする重篤な副作用はないのです。

でも、実際私も使用していて、まぶたのかゆみや目がしみる症状がありました。
これはケアプロストを塗りすぎた場合や、うっかり目に入ってしまった場合です。

副作用は必ず起きるものではなく、全く感じない人もいます。
気をつけて使用することで、副作用は防ぐことができます。
どうしても症状が気になる場合は無理をして使い続けないようにしましょう。