マスカラで目をぱっちり大きく!一重さんのメイクのポイント

ケアプロストでまつげが長くなってくると、マスカラをつけるのもラクに、そして楽しくなります。

マスカラ

マスカラで目を大きく見せる!

マスカラを使う人は多いと思います。マスカラをつけると目がぱっちりとして大きな印象になります。

マスカラをつける前にはビューラーを使ってまずはしっかりとカールさせてから使うのがいいと思います。

ビューラーの中にはホットビューラーと呼ばれる種類のものもありますが、これは熱でカールを持続させる効果があります。もしもホットのビューラーがあればそれを使うのが一番ですが、ない場合でも、ライターなどで使う前にビューラーを少しだけ熱しておけばカールが持続しますし、しっかりカールがついてよいです。

そしてしっかりとカールさせた後には、ますからの下地をつけていきましょう。下地をつけると、かなり仕上がりに差が出ますから、しっかり目に下地はつけておいた方がいいと思います。

そしていよいよメイクでマスカラを塗っていくわけですが、まつげの根元の部分から毛先に向かってマスカラはつけていきます。塗り方としては左右を揺らしながらつけるようにしてしっかり目につけるのがポイントです。

上のまつげの方法としたのまつげの塗り方は少し違っていてしたまつげの場合にはブラシを立てて一本一本につけて行くのがいいでしょう。最後にメイクの仕上げとしてコームで綺麗に整えればパッチリとした目の完成です。

マスカラ一つで目の印象はかなり変わりますからメイク初心者でも手軽にマスカラをつけるだけで目をはっきりさせることが可能です。

一重のアイメイクのポイント

一重の人のアイメイクについて紹介したいと思います。

一重の人というのはまぶたが薄くて重い印象になると思いますからコンセプトとしてはクールビューティーな感じでアイメイクをするといいと思います。

アイラインは、太めに際に入れるようにして、ライン的には長めに入れるのがいいと思います。

アイシャドウの色選びも重要になってくるのですが、一重瞼の人というのは暖色系の色を選ぶと腫れぼったい印象になりますから腫れぼったくならないように基本的には寒色の色合いを選び、すっきりとさせるのがいいと思います。

そして一重のアイメイクのポイントとしては二色でグラデーションにしてアイシャドウを入れて行くといいと思います。そうすることでより一重瞼がぱっちりとした印象になるので効果的です。目を開けた時に少しだけ見える程度の濃い目のアイシャドウを乗せて二色のグラデーションで仕上げるといいと思います。

一重まぶたの人はメイクの仕上げのますからは、ボリュームというよりも長さを重視しましょう。長く見せた方が効果的に目をぱっちりと見せることができます。ビューラーでまずはしっかり目にまつげをカールさせてから、ボリュームタイプではなくてロングタイプのマスカラを使います。

つける際は目尻に重点を置いてたっぷり目につけることで切れ長で大きな目になりますから目元の印象がずいぶん変わってきます。マスカラではなくて付けまつげをつけるという方法もあります。

奥二重のアイメイクのポイント

奥二重の人のアイメイクの方法を紹介したいと思います。

より効果的に目をぱっちりとさせるアイメイクです。まずアイライナーを使うときにはリキッドタイプを選びましょう。リキッドタイプはメイク初心者にとっては少し難しい印象を受けるかもしれませんが、アイライナーのリキッドタイプを使って、まつげとまつ毛の隙間を埋めていきます。このときは丁寧に埋めていき、少し太めにアイラインが作れてもいいでしょう。

そして上まぶた以外にも下のまぶたにもアイラインを入れるのがいいのですが、下まぶたにアイラインを入れる場合には今度はペンシルタイプを使うのがいいでしょう。

奥二重のアイメイクのアイシャドウは暖色系を選ばずに寒色系を選ぶようにしましょう。どうしても奥二重の人というのは腫れぼったい印象になりがちですから寒色系ですっきりさせる必要があるのです。そして立体感を出して印象付けるためにアイシャドウは二色で行います。

濃い目の色を目を開けた時に見える部分の太さくらいに目の際に塗って、明るめのシャドウをアイホール全体にのせていきます。

奥二重の人のマスカラですが、奥二重の人は、ボリュームアップもしながらロングにできるものを選びます。ロング&ボリュームタイプのマスカラを選ぶようにしましょう。そして上まつげ以外にも下まつげにもしっかりと丁寧に塗って行って下は広がるような感じで見せると目がかなり大きくはっきりといた印象に仕上がります。

マスカラ

高感度が高いのはナチュラルメイク?

男性にもてて女性にも高感度が高いメイクといえば・・「やっぱりナチュラルメイク!」という声が圧倒的です。 しかしナチュラルメイク=薄いという大きな勘違いをしないで下さい。 成功したナチュラルメイクというのはメイクしてるように見えないのにキレイに見えるという、 自分の魅力を最大限に引き出しつつ、個性を邪魔しないメイクのことです。

そしてナチュラルメイクは意外と手がかかります。 まずはチーク。薄くなりがちなナチュラルメイクに欠かせないもの。色選び、入れ方まで気を配りましょう。

そして眉メイク。他の部分の色味をおさえればおさえるほど、気になるのが眉の濃さです。 薄いながらも存在感があることがもとめられます。

そしてアイシャドウや口紅。肌色になじみやすいブラウン系やベージュ系のピンクなどがおすすめです。

そしてなにより肌。ファンデーションは絶対に素肌っぽさを重視。 パウダーを重ねるよりリキッドやクリームで、イキイキとツヤのある肌を作ります。

最後はアイラインです。美人度アップにアイラインは欠かせないですよね。 リキッドで変に濃くなるよりはペンシルでいきましょう。

仕上げに綿棒でラインの縁をぼかせば失敗はありません。マスカラも透明のマスカラがいいでしょう。 でも黒のマスカラでも、たくさんつけなければナチュラルメイクに見せることは可能です。ケアプロストでまつ育したら、ナチュラルメイクでも魅力的な目元になります。 フサフサのまつげには余計なマスカラはいらないかもしれません。

ナチュラルメイク派の人こそ長いまつ毛は手に入れたいものですね。