マツエクしながらケアプロストって使える?

まつエク中、またはまつエクをオフするタイミングでまつげの痛みが気になっている人は多いと思います。

まつエク中はフサフサで長いまつげで喜んでいても、いざオフしてみたら、自まつ毛がほとんどなく短くボロボロの状態だった!なんて人も。

そんなことにならないように、まつエク中もケアプロストでまつ毛ケアをしましょう!

まつエク中でもケアプロストは使用可能?

まつエク(まつげエクステンション)中にケアプロストを使っても大丈夫です。
ケアプロストはまつ毛に塗るのではなく、まつ毛の根元の毛穴部分に塗るので、まつ育していても問題ありません。

付けまつ毛のように生え際が塞ってしまっている場合は、ケアプロストを塗っても意味がありません。

まつエク中にケアプロストを塗るメリット

まつエク中でもまつ毛を増やせる&伸ばせる

まつエクでまつ毛が痛んでしまった場合、まつエクを一旦やめて、まつ毛育毛剤などで増やす方が良いのですが、事情がありどうしてもまつエクがやめられない!という人もいます。

そんな人は、マツエクを続けながらでもケアプロストを塗って、まつ毛を伸ばすようにしましょう。

まつエクで傷んだまつ毛をケアできる

まつエクを繰り返すと、グルー(接着剤)を溶かすリムーバーによりまつ毛がダメージを受けていきます。

マツエクをやめれば自然にまつ毛ダメージも改善されていきますが、しばらくは短く弱々しい状態が続くでしょう。

そんな状態早く脱したい!という場合ケアプロストがおすすめです。
まつ毛の成長を促すので、普通にしているよりも元のまつ毛に戻るのも早いでしょう。

まつエクが続けられる

繰り返すまつエクにより、まつ毛があまりに短くなってしまうと、マツエクできなくなってしまう心配があります。

マツエクは自分のまつ毛1本にグルー(接着剤)で人工毛をくっつけていきます。
くっつけるための自まつ毛がしっかりした強度&長さがないと、エクステもできないんです。
ひどい場合は施術を断られてしまうこともあります。

どうせマツエクするから自分のまつ毛はどうでも良い、なんて考えずに
マツエクを続けたい人は、自分のまつ毛も大事にしなければいけません。

ケアプロストを塗っておけば、まつ毛の量や長さをなるべく減らさずにまつエクが続けられます。

まつエクの必要がなくなるかも?

ケアプロストを続けていたら、2ヶ月くらいで「マツエクが必要ないくらいまつ毛が伸びた!」という人もいらっしゃいます。

マツエクを続けると1回に5000〜6000円かかりますし、2週間~3週でリペアが必要ですよね。

ケアプロストは1ヶ月で1000円〜1500円程度です。

伸びるまでは少し時間がかかりますが、
自まつ毛がふさふさになればマツエクの必要もありませんね!

ケアプロストはどこくらいで効果があるのかはこちら

まつエク中にケアプロストを塗るデメリット

ケアプロストを塗ると、まつ毛が伸びるスピードが早くなったり、まばらに伸びたりするので、エクステの交換タイミングが早くなることがあります。

まつエク中のケアプロストの塗り方

マツエクしていない状態と同様です。
色素沈着しないために、なるべくまつ毛のキワに塗ります。

詳しくはこちらで説明しています。

まつエク中のケアプロスト使用頻度

まつエク中も1日1度ケアプロストを塗布します。

  • 毎日塗ると伸びが早すぎる
  • 長さがまばらになってきた

という方は2〜3日に1度だけケアプロストを塗布するようにしましょう。

あまりに伸びが早いと、マツエクを付け替えるタイミングも早くなってしまいますし、長さがまばらになってくると見た目もよくありませんのでリペアが必要になってしまいます。

ケアプロストでまつ毛の伸びるスピードは個人差がありますので、使用頻度はご自身で調整してみましょう。

「もうしばらくはマツエクしないでまつ育する!」という人は1日1度ケアプロストを塗布してください。でも1日2度は塗らないでくださいね。